妊活を始める前には、はしかの予防接種を受けるべき?

妊活をするときには、あらゆるリスクに対応しておかなければなりません。

 

たとえば「はしか」に関することも考えておきましょう。

 

はしかにかかってしまうと、妊娠に大きな問題が出てきてしまうかもしれません。

 

そこで予防接種を受けるべきなのか、といったことが頭を過ると思います。

 

こちらでは、妊活前にはしかの予防接種を受けるべきなのか、といったことを徹底解説します。

 

これから妊活に入ろう、と思っていた女性は必見です。

 

 

■はしかの予防接種は前もって受けるべき!

 

・はしかが赤ちゃんに重大な問題を引き起こす可能性あり

 

はしかにかかってしまうと流産をしてしまう可能性もあります。

 

赤ちゃんに障害が出てきてしまうことも十分に考えられるのです。

 

はしかに掛からないようにするためには、前もって予防接種を受ける他ありません。

 

抗体がなければ、誰にでもかかってしまう可能性があるからです。

 

抗体がしっかりとある状態であれば、はしかにかからないで済みます。

 

それだけ安心して妊活中に過ごせる、といた状態になるのです。

 

ただし、予防接種を受ける時期が大きな問題になります。

 

なぜ妊活に入る前に予防接種を受けるべきなのか、といったことを知ることにもつながってくるテーマですよ。

 

 

■なるべく妊活に入る2ヶ月前に予防接種を受けよう

 

・生ワクチンが体内にいる状態の時に妊娠してはならない

 

すでに妊活を始めているのに、予防接種をしてしまうと、はしかにかかっているのと同じような状況になってしまいます。

 

予防接種では生ワクチンを注入します。要は、毒性を減らした病原体を体内に打っているのです。

 

完全にはしかの症状が出るわけではありませんが、はしかにかかっているのに近いような影響を胎児が受けてしまう可能性があります。

 

予防接種で体内に入れた生ワクチンの状態が落ちつくのが、接種後2ヶ月です。

 

ですから、予防接種をしてから2ヶ月間は必ず避妊を実行してください。

 

避妊をした上で、2ヶ月後からいよいよ妊活に入るべきなのです。

 

ちなみに、アメリカでは予防接種を受けてから3ヶ月間は避妊をすべき、といった考え方を採用しています。

 

より安全性を考慮するのであれば、2ヶ月ではなく3ヶ月後から妊活に入る、といった考え方もおすすめです。

 

 

■はしか以外にも予防接種は受けておくべき?

 

・風疹の予防接種を受けよう

 

近年、風疹にかかる成人が増えています。

 

特に男性に多く発症しているので、旦那さんにも予防接種を受けてもらってください。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓