妊活中の共働き夫婦|妊娠への近道は無理をしないこと

近年では共働きしているケースも少なくありません。

 

共働きをしていると、婚活もかなり困難ですよね。

 

双方ともに仕事をしており、その上で家事も分担して行わなければなりません。

 

日々疲れてしまっている、といった方も少なくありません。

 

こちらでは妊活中の夫婦が妊娠するためにはどういったことが必要なのか、といったことを徹底解説します。

 

 

■ムリしないことが特に重要

 

・ストレスは妊娠確率を引き下げてしまう

 

共働きをしているとどうしてもストレスが溜まってしまいます。

 

仕事をしなければなりませんし、休みの日は家事をしなければなりません。

 

いつも忙しい、といった状態になりかねないのです。

 

ストレスが高まってしまうと、妊娠率も大きく引き下がってしまう可能性があります。

 

ストレスには、血行を悪くする、といった機能が認められているのです。

 

血行が悪くなってしまうと体温も下げてしまいます。

 

体温が下がってしまうと、それだけダイエットの成功確率が下がってしまうことにもなりかねません。

 

特に妊娠できる日を特定してその日にセックスしよう、となると男性は特にストレスに感じてしまうのです。

 

かえってその日に勃ち具合が悪くなってしまい、セックスできなくなってしまった、といったケースも少なくありません。

 

お互いにプレッシャーがかからない程度の感覚で妊活は行っていくべきです。

 

お互いに思いやりを持つことが必須なのです。

 

 

■夫婦の妊活|まずはどういったことに注意すべき?

 

・妊娠確率を引き下げるようなことは避けるべき!

 

タバコを擦っていたりアルコールを飲んでいたり、といったことをしてしまうと、どうしても妊娠する可能性が下がってしまうのです。

 

夫婦揃って協力して禁煙をしたり禁酒をしてください。

 

特に、タバコに関しては副流煙の問題もあります。

 

女性が吸わなければ大丈夫とは言い難いです。

 

旦那さんが吸っていれば、奥さんも吸っているのと同じような状態になってしまうのです。

 

旦那さんもタバコを吸わないようにしてください。

 

奥さんを手助けするのです。

 

アルコールについては、男性のリスクは認められていません。

 

女性が原因の不妊を招いてしまう、といったものなのです。

 

そんな状況もあり旦那さんはお酒を気にせず飲んでいることもあります。

 

しかし、お酒を飲んでいる姿を見ると奥さんも飲みたくなってしまいます。

 

そういった誘惑してしまうような行動は控えてください。

 

旦那さんも協力して禁酒してみませんか。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓