妊娠への第一歩@妊活で大事なのは基礎体温を測ること

妊活をするためには体温を測ることが非常に重要です。

 

いつであれば最も妊娠しやすいのか、といったことを知る事にもなります。

 

そもそも、自身の体温が妊娠するのに適しているのか、といったことも確認できるようになるのです。

 

こちらでは基礎体温と妊活の関係性について徹底解説します。

 

 

■基礎体温を測る意味

 

・排卵日を知ることが出来る

 

基礎体温を測っていなければ、自分がいつ排卵日なのか、といったことを知ることができなくなってしまいます。

 

排卵期を知ることによって、妊娠しやすい時期を把握できるのです。

 

 

・排卵日に性交をすると妊娠率が高まる?

 

確かに、排卵日に合わせてセックスするのは効率的です。

 

ただし排卵日よりも、それより少し前にセックスをしたほうが妊娠率は高まる、といったことも分かっているのです。

 

いずれにせよ、基礎体温を知ることで排卵日を把握することは、重要と言って間違いありません。

 

 

■基礎体温の正しい測り方とは?

 

・毎朝測ること
・決まった時間に計測すること

 

体温を測る時間をバラバラにしてしまうと、正しい基礎体温を知ることができなくなってしまいます。

 

そもそも体温は一日のうちにそれなりに変動しているのです。

 

ですから、決まった時間外で測ってしまうと、正しい排卵日が分からなくなってしまいます。

 

 

・計測中に行動しないこと

 

体を動かしてしまうと、そのひょうしに体温が高く計測されてしまうかもしれません。

 

正確な体温が測れなくなってしまうので忙しい時間帯かもしれませんが、じっとしたまま計測を行ってください。

 

 

■そもそも排卵日って低体温期なの?高体温期なの?

 

・排卵日は低体温期である

 

最も妊娠しやすい時期とされ得る排卵日ですが、低体温期に属しています。

 

基礎体温よりも低い時期が続いていくと排卵日直前に少し体温があがり、その後に一気に下がるのです。

 

その時が排卵日です。

 

妊娠が最もしやすい時期とされているのが、排卵日の直前です。

 

ですから、低体温期のあとに少し体温がアップしたらその時がチャンスなのです。

 

チャンスの日は1日限定ではありません。

 

2日から4日程度続くので、その期間内に性行為に及ぶのがおすすめです。

 

ちなみに、高温期については排卵日後となるので、妊娠しにくい時期に入ります。

 

生理前は妊娠しづらい時期に属しているので、その点は注意してくださいね。

 

 

・基礎体温表を入手しよう

 

病院やネットなどでも入手できるので、基礎体温表に記入して自分の排卵タイミングを知りましょう。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓