受精より着床させるのが大変です!着床しやすくするには

妊娠するためには受精することも大切ですが、まずは着床させなければなりません。

 

こちらでは着床しやすくする体質にするための方法を解説します。

 

より効果的に妊活を実施したい、と思っている方は必見です。

 

 

■運動をして血行を高めるべき!

 

・子宮内膜の状態を良くしなければならない

 

着床をするためには子宮内膜の状態を良くする、といった必要があるのです。

 

子宮内膜の血行を高めていくためには、最も手っ取り早いのが運動です。

 

運動を定期的に実施することで、より着床しやすい状態が得られるようになります。

 

 

・どんな運動が適切か?

 

きつい筋トレをする必要がありません。

 

基本的には、有酸素運動をおすすめします。

 

長時間運動することで、血行が良い状態が維持しやすくなるのです。

 

ウォーキングといったものでも良いですし、ジョギングやサイクリングも有効です。

 

1日あたり30分程度は行う、といったことを心がけておくのもおすすめですよ。

 

他にもヨガを行ったり、ストレッチを行ったり、といったことも有効です。

 

 

■食事対策も実施すること

 

・質の良い卵子を生み出して着床率を高める

 

卵子の状態が悪いと着床しにくくなってしまいます。

 

まずは卵子の状態をアップするための食事、といったものを考える必要があります。

 

食事に関しても、血行促進をイメージしてください。

 

生姜はもちろんですがネギ類の摂取もおすすめです。

 

他も、地中に出来る野菜に関しては、身体を温める作用があるのでおすすめです。

 

海の幸は血液をさらさらにして流れを良くしてくれる、といった機能があるので積極的に取り入れましょう。

 

 

■嗜好品はなるべくやめよう

 

・アルコールの摂取を控えること
・禁煙をすること
・カフェインの摂取量を減らすこと

 

 

急に摂取をやめるといったことは難しいかもしれません。

 

妊活の第一段階として、早めに行いましょう。

 

特にタバコに関しては辞めるのが非常に難しい、といったケースが多いのです。

 

妊活を成功させたいのであれば、禁煙外来へ行き、ニコチンの摂取量を徐々に減らす、といった対策方法もおすすめですよ。

 

アルコールに関しては肝臓に負担をかけてしまい、血液の栄養が減少してしまうような報告も多いです。

 

良い栄養が子宮に送られなくなってしまい、着床率を引き下げてしまいます。

 

飲酒習慣がある方は早急にアルコール断ちを計画して実行に移しましょう。

 

カフェインには血圧を高めてしまう作用があります。

 

やはり子宮内膜に栄養を送りにくくなってしまい、妊娠率を引き下げてしまうのです。
男性はコチラがおすすめ→2chのペニス増大サプリ



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓