妊活中はカフェインを控えるべき?摂りすぎなければ大丈夫?

コーヒーが好き、といった方も多いのではありませんか。

 

確かに、コーヒーが好きな方は非常に多いですし、生活の一部になっている方も少なくありません。

 

しかし、1日あたり4杯や5杯も飲んでいる、といった方が多いのです。

 

大量のカフェインを摂取することになるので、健康に問題が出てきてしまうのではないか、といったことも考えてしまいますよね。

 

こちらでは、妊活中にカフェインを摂取しても平気なのか、といったことをお教えします。

 

コーヒーが好きな女性は必見ですよ。

 

 

■カフェインには様々な問題がある!

 

・流産の確率がアップ
・早産の確率がアップ
・低体重児の確率がアップ

 

以上のような状況が生まれてしまう可能性が指摘されているのです。

 

カフェインに関しては、妊娠には適したものではない、といったことが理解できたと思います。

 

では、なぜ上記のような症状をカフェインは引き起こしてしまうのでしょうか。

 

 

・カフェインが妊娠に良くない影響を与えてしまう理由

 

利尿作用が極めて強いのが問題です。

 

コーヒーを飲むと、尿が大量に出る、といった方もいるのではありませんか。

 

それは、カフェインの機能である利尿作用の結果なのです。

 

もちろん、むくみにくくなる、といったプラス作用があることも事実です。

 

しかし、尿が増えることによって、大切な成分を排出してしまうことが分かっています。

 

カフェインを摂取するとカルシウムが大量に排出されることが分かっているのです。

 

妊娠にはカルシウムが極めて重要です。

 

さらに、妊娠中に関してもカルシウムをしっかりと摂取しなければなりません。

 

もう一つ注目して欲しいのが鉄分です。

 

鉄分には造血作用があるので、貧血などの症状を和らげてくれる、といった機能が実際にあります。

 

造血作用に関しては、血行を良くする、といった作用も期待できるので、冷え性解消にも大いに役立ってくれます。

 

そんな素晴らしい成分である鉄分の吸収を妨げてしまう確率も指摘されているのがカフェインなのです。

 

 

■少しのカフェインなら問題なし?

 

・できれば避けて欲しいが・・・

 

1日あたり1杯程度であれば悪い結果は出ないのではないか、とされています。

 

しかし、3杯や4杯のカフェイン含有飲料を飲んでしまうのは絶対にやめてください。

 

カフェイン系のドリンクを飲むのであれば、多少多めの栄養を摂取するのもおすすめです。

 

たとえば妊活サプリを利用する、といったことも良いですよ。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓