頑張りすぎるとストレスに※妊活疲れでうつになってしまうかも

妊活はカップルに大きな負担を与えてしまいます。

 

特に女性に対してはかなり大きな悩みになってしまうことも少なくありません。

 

妊活疲れ、といった言葉もあるほどです。

 

中には、うつのような症状が出てきてしまう方もすくなからずいるのです。

 

こちらでは妊活を頑張らないことの重要性、といったことをお教えします。

 

 

■妊活を頑張ることが帰って不妊を招いてしまう

 

・妊活のストレスが妊娠を妨げる

 

ストレスは万病の元、といったことまで言われています。

 

それは実際に事実です。

 

ストレスによって、身体に様々な症状が現れてしまうことがわかっています。

 

しっかりと対処しなければなりません。

 

妊活を行っていると、生活にも大きな影響が出てきます。

 

たとえば、お酒が飲めないなどのことでストレスになってしまうこともあるのです。

 

妊娠できない、といった理由で自分を追い込んでしまう、といったこともありえます。

 

ストレスが高まってしまうと、血管を収縮してしまうことが分かっています。

 

要は血圧が高まってしまう、といったことがおきてしまいます。

 

高血圧になると、血液の流れが悪くなってしまいます。

 

全身に血液が送られにくくなり、結果的に冷え性になってしまったり、新陳代謝が悪くなってしまうのです。

 

妊娠にも大きく関わってきます。

 

身体が冷えることによって、妊娠確率も下がってしまうのです。

 

 

・ホルモンバランスの乱れが出てくる可能性あり

 

妊活のストレスが高まるとホルモンの状態がおかしくなることもあります。

 

女性ホルモンが減ってしまうような状態になってしまい。

 

排卵障害が発生してしまうかもしれません。

 

生理不順が起きて、不正出血を引き起こしてしまうかもしれないのです。

 

ストレスは侮れません。

 

妊活疲れを引き起こさないようにするためにも注意してくださいね。

 

 

■妊活疲れを起こさないためにはどうしたら良いのか?

 

・時々は好きなことをしよう

 

毎日、妊活をしていては疲れてしまいます。

 

週に1日だけは好きなことをして過ごす、といったことをしてみませんか。

 

たとえば、アルコールも1杯くらいであれば許容範囲です。

 

2杯飲むと妊活にも悪い影響が出てしまうので、1杯だけに留める、といった考え方を持つべきなのです。

 

 

・睡眠をしっかりと取ること

 

ストレス解消で最もおすすめなのが、睡眠をとる、といったことです。

 

睡眠時間が続いてしまうと、ストレス過多な状態が続いてしまうのです。

 

1日あたり6時間から7時間程度はしっかりと眠ってくださいね。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓