妊活中に飲んでいたサプリで産後にも摂ったのがいい成分は?

頑張って妊活をして無事妊娠し、元気な赤ちゃんを出産したらもう妊活サプリは卒業?

 

いいえ!

 

妊活サプリの中には産後も継続して飲んだほうがよいものがたくさんあります。

 

その中でも代表的なものをまとめてありますので参考にしてくださいね。

 

 

1、たんぽぽ

 

妊活中はホルモンバランスを整えてくれたり、体を温めてくれていたりしたタンポポですが実は産後も大活躍します。

 

タンポポエキスは母乳の分泌を促してくれる効果があります。

 

産院によっては産後のママ全員にタンポポ茶やコーヒーを配っているほどです。

 

実際に、これまでミルクを足していた、という人もタンポポ茶やタンポポコーヒーを飲むようになって完全母乳に育児できることが多いようです。

 

母乳育児が早く軌道に乗ればその分子育ても楽になりますので、是非とも飲み続けたいものですね。

 

 

2、鉄分

 

妊娠中は貧血になりやすいので妊活中から鉄サプリを飲むことが多いですが、鉄分は産後も不足します。

 

まず出産直後は出産時の出血により貧血になりますし、その後は授乳のために貧血になってしまいます。

 

産後の貧血は、赤ちゃんを落としてしまったり、母乳不足の原因となりますので絶対避けなければなりません。

 

食事を工夫するとともにサプリで補給してあげましょう。

 

 

3、ビタミン類

 

産後は生活が不規則になり自分の食事もままなりません。

 

赤ちゃんは泣いてばかりで食事の支度どころか睡眠だって思うよりの取れないものです。

 

そうなるとどうしても栄養バランスが偏ってしまいます。

 

炭水化物ばかりを食べるようになってしまい野菜不足に陥ります。

 

ママの栄養はそのまま母乳を通して赤ちゃんの栄養になりますので、できるだけ栄養バランスが整った食事を取らなければなりません。

 

だから妊活中に飲んでいたビタミンサプリで不足しがちな野菜の栄養素を補給するようにしましょう。

 

 

4、亜鉛

 

産後のママはとにかく疲れ果てています。

 

出産で疲れ、授乳調乳で疲れ、オムツ替えで疲れ、抱っこで疲れ、夜間授乳で疲れ・・・。

 

疲れていると育児にも楽しみが見出せなくなり心も塞ぎがちになります。

 

だから亜鉛の疲労回復パワーに頼ってしまいましょう。

 

とくに産後3ヶ月は睡眠不足と育児疲れで産後うつを発症しやすい時期でもあります。

 

産後うつは赤ちゃんにとってもママにとっても辛い症状ですので、そうなる前に亜鉛を飲んで肉体的疲労を軽減し、ニコニコ笑顔で育児できるようにしましょう。

 

サプリで栄養を補給することに後ろめたさを感じる必要はありません。

 

むしろサプリのほうが吸収率が高いという報告もありますので、赤ちゃんのために胸を張ってサプリで栄養を補給し元気に子育てしましょうね。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓