妊活中に飲むならどっちがいいの?マカと葉酸の違いと効果

妊活サプリを選んでいると頻繁に出てくるのが、「マカ」と「葉酸」という成分です。

 

どちらも含まれているサプリもあれば片方しか入っていないものもあります。

 

両方飲めば良いのか、片方だけ飲めば良いのか気になるところですよね。

 

そこでマカと葉酸の違いと効果をまとめてみました。

 

どちらを飲めば良いか迷っている人は参考にしてみてくださいね。

 

 

1、マカの効果

 

マカの効果は冷え性を改善、ホルモンバランスの乱れを整える、排卵周期を整える、精力増強、疲労回復、などの効果があります。

 

女性の場合、冷えているだけで生理周期が乱れたり、無事に受精しても着床しづらかったりという弊害があります。

 

冷え性を改善するだけで妊娠できたという声も少なくありません。

 

さらにマカに含まれる女性ホルモンエストロゲンと同じ働きをする成分があるという説があり、そのおかげで乱れていた生理周期が規則的になり排卵も規則的に行われるようになると言われています。

 

疲労回復によりストレスも軽減されるのでストレスによる生理不順や無排卵といった症状も緩和されることもあるようです。

 

 

2、葉酸の効果

 

葉酸自体には妊娠しやすくなる、という効果はありません。

 

葉酸は赤ちゃんや精子の先天的異常を防ぐ効果がありますので、妊娠しやすくなる、といよりも「元気な赤ちゃんを産む」ために必要なサプリと言えます。

 

男性が飲む場合、精子の異常を減らすことができるので、間接的に精子の異常による初期流産を防止する役割も期待できます。

 

葉酸は妊娠中の女性は400μgを摂取するようにと厚生労働省で指導していますが、実は妊娠超初期に必要な栄養なのです。

 

一番検査結果が初期段階で分かる国内で市販されている妊娠検査薬が生理予定日から使えます。

 

生理予定日は着床してから1週間後です。

 

その頃には葉酸はしっかりと摂取していなければなりません。

 

ということは、妊娠が分かってから飲むのでは少し遅いのです。

 

普通の人が妊娠に気付くのは生理が遅れて1週間頃。

 

つまり着床後2週間です。

 

妊娠超初期の受精卵はすごい勢いで細胞分裂を繰り返す、一番奇形が現れやすい時期ですのでその2週間を葉酸なしで過ごすのはちょっと心配ですよね。

 

だから、妊娠したいと思ったら常に葉酸を飲み続ける必要があるのです。

 

 

3、結局マカと葉酸どっちがよいの?まとめ

 

妊娠するために必要なのはマカで元気な赤ちゃんを育てるために必要なのが葉酸です。

 

それぞれ用途が違うので「マカだけ飲めばいい」「葉酸だけ飲めばいい」と簡単に区別することはできません。

 

妊娠成功率を高くしたければマカがおすすめですし、赤ちゃんの健康を考えれば葉酸です。

 

葉酸を食べ物から毎日完璧に摂取できる、という人はマカだけでも大丈夫ですが葉酸を毎日400μg摂取する自信がない人は両方飲みましょう。

妊活中には葉酸を摂取するべき?葉酸の効果を教えて

妊活中に取るべき成分として注目されているのが「葉酸」です。

 

葉酸は、実際に妊娠中や出産直後に多く必要な成分であることも認められています。

 

食事で摂取しきれない分はサプリメントで摂取することもおすすめとされているのです。

 

こちらでは妊活中になぜ葉酸が必要になってくるのか、といったことを効果から探ってみます。

 

 

■胎児の障害を予防する作用あり

 

・神経管障害の予防してくれる

 

ある研究では、妊娠中に葉酸を摂取してもらったところ、神経管閉鎖障害の発生確率が70%も低減した、といたこと分かったのです。

 

要は障害のあるお子さんを減らしたり、流産してしまう確率を減らしたり、といったことが期待できます。

 

妊活中の摂取がおすすめできる理由として、障害関連の効果を得るためには妊娠初期に多くの葉酸を摂取しておくべきだからです。

 

妊娠中期以降に摂取したとしても、葉酸の障害予防の効果は得られにくい、といたことは分かっています。

 

ですから、妊活中から飲んでおく必要があります。

 

 

■血液に対して良い効果をもたらしてくれる

 

・貧血の予防効果あり

 

貧血が発生してしまうと、栄養が全身にしっかりと送られなくなります。

 

健康的な状態ではなくなってしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのが、葉酸の作用です。

 

貧血の中には赤血球が大きくなることで発生するものもあります。

 

赤血球が大きくなってしまえば、血液の流れが阻害されてしまうのです。

 

酸素運搬能力も低下してしまい、貧血状態が発生してしまいます。

 

葉酸にはその赤血球の増大を防ぐ機能があります。

 

その結果、貧血が予防できるような状態になるわけです。

 

貧血気味である、といった方は積極的に葉酸を摂取してください。

 

 

■粘膜の状態を良くしてくれる

 

・粘膜の状態アップが妊娠確率のアップに繋がる

 

子宮内部の粘膜です。

 

その粘膜に異常が起きた時に治りが早いか、それとも遅いのか、といったことでも妊娠確率に大きな差が出てきてしまいます。

 

葉酸には、粘膜の生成に役立つ、といった機能を持っています。

 

たとえば、口内炎が早く治ったり、といった機能もあるんですよ。

 

口内炎が残り続けている方は葉酸不足の可能性もあります。

 

サプリメントでも良いので積極的に身体に採り入れましょう。

 

 

■葉酸の推奨摂取量

 

・通常時・・1日あたり240マイクログラム
・妊娠時・・・1日あたり480マイクログラム
・授乳時・・・1あたり340マイクログラム

 

葉酸の摂取量ですが、妊娠時に圧倒的に多くが必要になります。

 

通常の倍は必要になるので、食べ物からの摂取では難しいです。

 

サプリメントに頼ってください。

マカの気になる効果と効能とは?妊活に効果的って本当なの?

婚活サプリメントは数多くあるのですが、どんな成分が多く含まれているでしょうか。

 

チェックしてみると、マカが多く含まれていることがわかると思います。

 

こちらではマカという成分が妊活にどのような効果をもたらしてくれるのか、といったことを教えします。

 

妊活サプリメント選びをしている方は必見です。

 

 

■マカには不妊を改善させる作用がある!

 

・ホルモンの分泌をサポートしてくれる

 

特定のホルモン量を増やしてくれるわけではありません。

 

非常に有能な成分で、バランスを整えてくれるのです。

 

マカには、アミノ酸やミネラルといった豊富な成分が含まれています。

 

それらの栄養が、下垂体に作用してくれます。

 

下垂体はホルモンの分泌に大きく関わっており、機能が正常化すると、ホルモンバランスを整えてくれるのです。

 

ホルモンが正常化すれば、卵子の状態も良くなります。

 

排卵もしっかりと行われるようになり、妊娠しやすい状態になるわけです。

 

 

・受胎能力を高めてくれる

 

受胎能力として注目されているのが、マカに含まれる「リジン」と呼ばれる成分です。

 

受精する確率が高まるので、妊娠に大きな効果が発揮できるのです。

 

 

・血行を促進してくれる

 

マカに含まれるアルギニンといった成分に血行を良くする作用があります。

 

精力剤に使われることもあるほどの成分が豊富に含まれているのです。

 

男性用精力剤にアルギニンが含まれる目的としてはスムーズな勃起があります。

 

血行が良くなることで、勃起しやすい状態になるのです。

 

一方で、女性にとってもアルギニンの血行促進作用は大きなプラスです。

 

血行を高めることで、冷え性を改善させてくれるのです。

 

アルギニンは単なる男性用の成分ではありません。

 

 

・精子の量をアップさせてくれる

 

マカには亜鉛が多く含まれています。

 

亜鉛には精子の量を増やしてくれる、といった作用が実際にあるのです。

 

男性不妊については、精子の量の少なさが大きな問題になります。

 

そんな状況に対処してくれるのがマカなのです。

 

 

■マカの間接的な妊活作用にも注目すべき!

 

・疲労回復作用がある

 

マカには疲労を回復させる、といった機能があります。

 

必須アミノ酸やビタミンB群といった成分を多く含んでいるのです。

 

結果的に免疫力を高めるような機能もあるので、感染症などにもかかりにくくなります。

 

身体の根本的な機能を改善させてくれ、その上で妊娠率も高めてくれるのがマカです。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓