女性だけが頑張っていませんか?パパになるため男性ができる妊活

女性だけが頑張っていませんか?パパになるため男性ができる妊活

 

「妊活=女性がやるもの」
「不妊=女性が原因」

 

そう思っていませんか?

 

日本では赤ちゃんができないのは女性に原因があると思われがちです。

 

しかし、実際には男性にも原因があることが少なくありません。

 

そこで、不妊の原因における男性の割合やその理由、そして男性にできる妊活方法をご紹介します。

 

 

1、不妊の原因は男性、女性、どっちが多い?

 

WHO(世界保健機構)が発表した不妊に関する統計を見てみると不妊の原因の41%が女性、24%が男性、そして男女共に原因があるのが24%となっています。

 

つまり男性が原因の不妊は合計で「48%」になります。

 

不妊で悩むカップルのうち約半数が男性に原因があるのです。

 

この数字だけを見れば不妊はどちらに原因がある、と言い切れるものではありませんよね。

 

 

2、男性不妊の原因トップ3は?

 

男性不妊の原因のトップ3はこちらです。

 

 

1位乏精子症

 

乏精子症とは精子の数が極めて少ないものを言います。

 

自然妊娠に必要な精子の数は4000万個と言われていますが、乏精子症の場合2000万個以下です。

 

 

2位無精子症

 

精液内に精子がいないのが無精子症です。

 

無精子症でも、精液の中にいないだけで精巣内には精子がいるもののなんらかの理由で排出されないものと、精巣内にも精子が存在しないものがあります。

 

 

3位精子無力症

 

精子は存在しているものの運動能力に乏しく自然妊娠で受精することが難しいものです。

 

・治療法は?

 

乏精子症や無精子症は原因によっては外科手術や投薬で治療することができる場合もありますが、精子無力症は決定的な治療法はなく、体質改善や漢方薬による治療が中心になります。

 

 

3、男性不妊じゃなくても精子の質によって妊娠成功率が変わる

 

先ほどご紹介した男性不妊の症状に当てはまらなくても、精子の質によって自然妊娠率は大きく変わります。

 

当然ながら新鮮で元気な精子のほうが妊娠しやすいものです。

 

では新鮮で元気な精子を作るためにどうしたらよいのか?というと規則正しい生活とバランスのとれた食事を心がけること、そして自転車やバイクなどで長時間圧迫しないこと、です。

 

特に欧米では自転車レース選手の男性不妊率が一般の男性よりも高いという調査結果もあるほどです。

 

規則正しい生活と食事は一朝一夕で身につくものではありませんが、パパになる日の予行演習だと思い日々努力しましょう。

 

食事の栄養バランスを整えるのが難しい、というプレパパさんは妊活サプリを上手に使うとよいでしょう。

 

妊活サプリには精子の活動を活発化させる成分や妊娠するまでに摂取しておきたい葉酸などの必要不可欠な成分がバランスよく配合されています。

 

何よりも妊娠するまでの長い道のりをストレスフリーに過ごすことが大切なので自分に取って負担にならない方法で妊活を乗り切りましょう。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓