低コストで安全な成分がいい!市販の安いサプリの正しい情報

「赤ちゃんができたらお金がかかるから妊活にはお金をかけたくないな」

 

「できるだけ安いサプリを探したい」

 

そう思う人は少なくありませんよね。

 

赤ちゃんができたら、社会人になるまでにかかる費用は2000万円を超えると言われています。

 

だから妊活中はできるだけ貯金したいと思うのは当然です。

 

けど本当に格安サプリで大丈夫ですか?

 

格安には格安の理由があるのでは?

 

そこで格安サプリを購入する時の注意点をまとめてみました。

 

 

1、原産国はどこ?

 

格安サプリの多くが中国やベトナム、タイなどの外国産です。

 

外国産のサプリでも、しっかりとしたメーカーが完璧な管理体制を敷いている工場で作っていれば問題ありませんが、管理が杜撰なメーカーの場合は安全性に大きな不安があります。

 

食品でも、大手ファーストフードチェーンが2度にわたって海外工場で不祥事を起こしましたよね。

 

だから、サプリを選ぶ時は原産国をチェックし、海外製の場合はメーカーの信頼性も確認するようにしましょう。

 

大手メーカーですら不祥事を起こす時代ですので格安サプリはちょっと信頼できないかもしれませんね。

 

 

2、サプリの成分は安全?農薬は?添加物は?

 

赤ちゃんを授かるためのサプリの中に発がん性が報告されている成分が含まれていたり必要以上のカフェインが含まれていたら困りますよね。

 

また、使われている原材料を生産する時に農薬を大量に使っているのも考えものです。

 

品質を安定させるための添加物も必要最低限が望ましいです。

 

残念ながら格安サプリの中にはこれらの成分が含まれている可能性があります。

 

安いには安いなりの理由があるのです。

 

格安サプリを使うのであれば電話やメールなどでメーカーに直接これらの点を確認してみましょう。

 

 

3、サプリは薬じゃないから法律に守られない!自己防衛が大切

 

風邪薬や頭痛薬を製造、販売するためには薬事法という法律に定められた通りに行わなければならず、違反した場合は罰則があるため製薬会社は法令を遵守して製造し、販売します。

 

しかし、サプリは薬ではなく食品扱いのため、成分や表記を定めた法律がありません。

 

誰の許可を得なくても製造販売可能です。

 

サプリの表記に「妊娠をサポートする栄養をプラス!」と書いてあってもそれを裏打ちする成分が入っていない可能性があるのです。

 

だから、サプリを選ぶ時は会社の信頼性が重要。

 

自分でしっかりと口コミや会社の情報を調べて確かに効果が期待できると信じたものを購入するようにしましょう。

 

大切な赤ちゃんの体を作る源、と言ってもいい妊活サプリなので慎重に選ぶにこしたことはありません。



今人気の注目妊活口コミレビュー↓↓